0512345678910111213141516171819202122232425262728293007



毒キノコに注意!

本日は、土・日2日分の盛り沢山で書きました。

特に珍しいものも無かったのですが、そこは多摩川、先ずは珍しくない『ヒルガオ』です。
薄いピンク色ですが草やぶの中にポツンとあれば目立ちます。

1757p1.jpg  1758p2.jpg


まだまだ、ピントがあまいですかね・・・。

続いて見つけたのは、キノコです。毒キノコのような・・・、怪しげなキノコです。
資料で調べましたが、似たようなものはありますが、違うような気もします・・・・。


1822p3.jpg  1839p2.jpg  1842p3.jpg

①は、草の中に生えていたこともあり、シバフタケに似ているような気もしますが違うでしょう。
②は、タマゴテングタケモドキ に似ている気がします。タマゴテングタケモドキは猛毒を持っているそうです。
③は、図鑑に似たものがありません。 詳細不明。

正確なキノコの名前はわかりません、深く追究しないことにしました。
ここは、みんな『毒キノコ』と言うことで、よろしいですね。


“似ていても不確かなキノコは、決して口に入れないこと。
キノコは、スーパーで売っている確かなものだけ食べましょう。”


まぁ、そう簡単にその辺の草むらに生えているキノコを食べる人いないと思いますが・・・、念のためです。


日曜日は、午前中天気が良かったので暑いなか多くの人が多摩川に出ていました。

狛江市あたりで、ボーイスカウトの御一行様ですかね・・・? 「化石堀」していました。
百万年以上前の岩の地層から、貝とかいろいろ出るみたいです。
「コンコン、コツコツ、コンコン・・・」 遠くまで採取の音は聞こえていました。


ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)も、遠くで甲羅干ししながら音を聞いていました。

1854p4.jpg  1756p1.jpg


その少し、川下で水泳教室ではなく、『災害で水に流された時の対処法・・・?』ですかね、
講習会のようなものやってました。 

講師らしき人が大きな声で叫んでいました。

  『ハイ、みんな、もう一度行くよー。
   川の流れにそって流れて行き、障害物、岩があったらそれをを避ける方法・・・・』


暑かった成果、子どもたちは水の中で勝手に大騒ぎしてました。

分かるー・・・、この暑さだもんねー。

1849p5.jpg


こんな講習会もあるですね。 遠くからみたら大人と子供が水遊びしているとしか見えませんでした。


また違う猫・・・、
多摩川で3匹目の猫ちゃんとも出会いました。 逃げるでもなくチラ見の後、アクビしてました。
顔の半分が黒いので、名前は「ハングロ」で、いいか・・・?

1824p1.jpg  1833p6.jpg



あ、忘れてました。土曜日、また投網でアユを捕っていました。
今回は、近くまで来たのでシッカリ、収獲の状態も見えました。

結構な数捕っていました、大きなサイズは少ないようでしたが・・・。

やっぱり、今年の多摩川の鮎は小さいんだ、だから釣り人も少ないのかな・・・。

1811p7.jpg  1771p8.jpg


以上、盛り沢山でした。





【PR】
  



スポンサーサイト
【 2015/06/29 (月) 08:56 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

多摩川にヘクソ・・・、なに?

今日は、昼ぐらいから雨の予報なので、朝早く多摩川に出て見ました。

曇り空だったがヒンヤリとした気持ちのいい感じ・・・。
人も少ない、川側の道はほとんど人通りはありませんでした。
ハトが朝食をあさっている所でした。


1618p1.jpg  1731p1.jpg


川に近い石垣のところで面白い花を見つけました。私がこの花を見たのはたぶん初めてだろう。
少しくすんだ様な色をした花、調べたら『ヘクソカズラ』と言うそうです。


花の形はかわいいが、誰が付けたのか、名前に品がない、花もあまり鮮やかさは感じられません。

1746p1.jpg  1748p4.jpg
1751p2.jpg  1749p3.jpg


ヘクソカズラ (漢字では、『屁糞葛』)

アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草。
花は長さ1cmくらいの釣鐘形で、先は5つに裂けていて
周りは白く、中央が紅紫色をしています。

中には白い毛のようなものが沢山あります。

花期は6月から9月くらい。
日本全国の各地で見られるそうです。

花の後には実がつくらしい、その実は乾燥させて、しもやけ、あかぎれなどの薬
として利用されることもあるそうです。




奈良時代には『クソカズラ』と言っていたが、その後いつからか分からないが
江戸時代には、今の『ヘクソカズラ』と言っていたようです。


また資料には『あまり好かれない、いやな臭いがする』とあったが特に臭いは感じませんでした。


鼻が詰っていたのか・・・。 名前からして、臭っている感じはしますが・・・・


次に見つけたら、臭いの確認だけはしておこう。
奈良時代や、江戸時代の人たちも同じ臭いを嗅いだのだろう・・・。


そう思うと、少し妙にワクワク感を感じる・・・・。


あなたも、見つけたら奈良時代の人と同じ臭いを嗅いでいることを
頭において、臭いを嗅いでみてください。


尚、『ヘクソカズラ』の画像いつもより多めに掲載しました。
少しでも臭いを感じて頂ければ・・・・と思っております。




【PR】 お中元には、これ!!
    



【 2015/06/26 (金) 17:44 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

接写に再度挑戦、ユウゲショウ

多摩川土手散歩、足元に小さなピンクの花がチラホラ。

再度、小さい花の接写、挑戦してみました。 花は、『ユウゲショウ』と言うらしいです。

1510p1.jpg  1666p2.jpg

まぁまぁ、ですやろー。

ユウゲショウ (漢字で『夕化粧』と書きます)

アカバナ科マツヨイグサ属の多年草。
開花は5月から9月頃まで。
高さ20 - 30cm、時には50 - 60cmになることもあるらしい。
艶っぽいピンク色の花が咲く。花は直径1 - 1.5cmくらい。
午後遅くに開花とあるが、実際には昼間でも花は咲いている。

原産地は南米から北米南部。

花弁は4枚で紅色の脈がある、中央は黄緑色で白ぽい雄蕊(オシベ)が8本。





花が小さく華やかさはないが、ピンクの色が鮮やかです。

今まで、何度多摩川土手を歩いたことか、全く気にもしませんでした。

わからないものですね、カメラを持って歩くとこうも変わるものか・・・。



遠くで、野良猫ちゃんが見ていました。


1735p1.jpg  1743p1.jpg



以前会った猫とまた違う猫のようです。


短い間でしたが目が合いましたが、結局無視されました。

私の行動に、興味ないようでした。



以上、薄曇りの多摩川でした。



【PR】

 


【 2015/06/25 (木) 23:25 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

大盛況、ムクドリの集会・・・

うす曇りの空、しかし暑い中、今日も多摩川土手を散歩に出ました。
発見も、変わったことも特に有りませんでした。 


暑いので、人もまばら・・・。


帰り際、ムクドリの小集団に出会いました。

ムクドリが集会やってました・・・・、食べ放題の食事中か・・・・?

1695p2.jpg  1717p3.jpg


一羽だけ、集団から外れたところでキョロキョロしてました。
見張り当番かな ?  目つきの鋭い若い感じのムクドリでした。


しばらく、眺めていました、スズメも加わり、食事どころは大盛況。

[広告] VPS



時折、小競り合いも・・・、体の小さいスズメは弾き出されたものもいる。


追い出されたスズメは、少し離れた水溜りで水浴びしてました。 


スズメも暑いんでしょう。 喉も渇くでしょう・・・。


[広告] VPS




私も帰ってシャワーでも浴びるとしますか

こんな感じ・・・でした。




【PR】 お中元、貰うならこんなのがいい! よろしく。
      


【 2015/06/24 (水) 12:02 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

多摩川土手、発見すももの木?

またまた、多摩川でいいもの見つけました。ここよく歩くのに気がつかなかった。

たぶん『すもも』でしょう。 多少実が小さい感じ、梅の実くらいだけど・・・。
手入れされていないので、実の粒が小さいのでしょう。

1664p2.jpg  1650p1.jpg


すもも (漢字では、李、酢桃)

『プラム』とか、『プルーン』と呼ばれることもあるらしい。
バラ科サクラ属の落葉小高木。中国原産。
日本で最も多いのは『大石早生』という種類だそうです。

今回、見つけた多摩川土手のすももの種類、不明。



ここで問題です。

2013年度 国内総収穫量:21,800t ですが、
国内収穫量ナンバーワンは何県でしょうか?

(答えは、下の【 回答=> 】にマウスを乗せてください。)

【 回答=> 】

これ誰の所有になるのかな・・・、国土交通省かな・・・?

手の届くところの実は既に、ほとんどありませんでした。
手が届かない高いところには、まだたくさん赤く熟した実がなっていました。

何れ、鳥が食べちゃうんだろうなー。
これを、私が勝手に取るのはチョット勇気がいるなー ・・・、

この場所、人通りが多い通りから・・・・、

丸見えだしなー・・・。



【PR】
  

 
  
【 2015/06/21 (日) 19:39 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

クスダマツメクサ、コメツブツメクサ、コメツブウマゴヤシ、違いは何?

多摩川の所々に生えている黄色い、小さな花、『クスダマツメクサ』イャ、違う
コメツブツメクサ』・・・か、・・・・?


どちらか分からない。花の小さい方が『コメツブツメクサ』だそうだ。
同じ茎に小さい花とちょっと大き目の花があるが・・・・?


2つ並んで咲いていれば分かるのだろうか・・・?

広範囲で見たがちょっと大きめ、ちょっと小さめの花、草丈10cmくらいのもの、
40cmくらいのものあるが、花はみんな同じに見える。


資料で徹底的な違いは何なのか調べていたら、厄介なのがもう1つ出てきた。
よく似たもので、『コメツブウマゴヤシ』と言うのもあるらしい。



頭痛くなってきました・・・、深く考えるのは止めました。


以下に紹介する画像は全て『クスダマツメクサ』と言うことで・・・。


・・・・・・悪しからず。


1501p.jpg  1524p1.jpg
1527p1.jpg  1536p1.jpg
1537p1.jpg  1469p1.jpg


沢山、撮影したのですがみんな同じに見えます、多少ピントが合っていないものもありますが、
ご了承ください。


クスダマツメクサ (薬玉詰草)

シャジクソウ属の一年草。
花は6-8月頃に咲く。
草丈、50cmくらいになるそうです。




参考までに


コメツブツメクサ (米粒詰草)

『キバナツメクサ』とも言うらしいです。

シャジクソウ属の一年草。
花は5-7月頃に咲く。
草丈は、20-40cmくらいだそうです。

葉は、3出複葉で、小葉の先がくぼむ



コメツブウマゴヤシ (米粒馬肥やし)

マメ科ウマゴヤシ属の一年生植物。
花は5-7月頃に咲く。
草丈は、10-60cmくらいだそうです。
熟すと黒くなり、中に種子が1個入っているそうです。




以上、

はなはだ遺憾ではありますが、

これをもって『クスダマツメクサ』の紹介とさせていただきます。



【PR】



 


【 2015/06/19 (金) 21:04 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

コンデジの達人目指して。

canonサービスセンターへ行ってきました。

『IXY630で小さな花を接写した場合、ピントが合わない』、もう10回以上、
この説明してきました。 

受付の綺麗なお姉さんが優しく応対してくれました。
『少々お時間いただけますか・・』

10分で結果が出ました。
マイカメラ、機能は正常で、全く問題無いということでした。


今後の私の撮影活動に大きく影響しそう・・・・。
そんな、大それた事でもないか・・・・。


まぁ、想像はしていましたが・・・。
被写体の大きさもあるようですが、ポイントは色、明暗の濃さでピント機能が動くようです。


クレーマーと思われたくないので・・・、早々退散しました。


帰り際、ビッグカメラで他のコンデジ、いろいろ操作してみましたが、同じですね。
高級コンパクトデジタルカメラ』と言うものが、あるんですね知らなかった。
光学ズーム30倍、多少重くなっているようですが・・・。 これらも、同じでした。
コンデジ、みんなそうだと思うと、少し気が晴れたような気もしました。


仕方ないですね・・・。 私の撮影技術を磨くしかない。


飽くまで、コンデジに拘り・・・・コンデジの達人目指して・・・。
訳分かりませんが・・・、楽しく行きましょう。


焼き鳥屋で一杯飲んで帰りました。


【PR】
  


【 2015/06/18 (木) 11:38 】 日曜ひま職人 | TB(-) | CM(0)

コンデジでの接写は無理・・・?

私のマイカメラ、

CANON IXY630 コンパクトデジカメですが、接写(マクロモード)での
撮影でうまくピントが合わない。

        (マイカメラの詳細はこちら=>

メーカーマニュアル、ネット等で調べてトライしたのですが、ダメでした。
折角、買ったカメラなので意地でもチャンと撮るぞー。


気になりだしたら熱くなる・・・。(これ私の性格かな?)


各機能の設定、問題なし。

中央のフレームに被写体を合わせて、シャッター半押しすると、フレームの色が
白から緑色に変わるが、フレーム内の被写体はぼけたままです。

もしかして、壊れてるかもしれない・・・?


キャノンのサービスセンターへ電話で問い合わせました。 

担当者: 『コンデジで、小さい花の接写するのは非常に難しいです。』
      『プロの人でも嫌がります。私は撮影スクールで教えていますが, コンデジで
       素人の人(初心者並みの人)が小さい花を接写するのは無理です。』

私: 『インターネットのサイトに多くの人が接写し綺麗な花を掲載されていますよ』

担当者: 『それは、コンデジでの撮影ではないでしょう』
      『或いはプロ並みの技術を持ってらっしゃるんでは・・・』

私: 『アーソーですか、機能が上手く動作しなくてマクロモードのピントが合わないと言うことは無いですか?』

担当者: 『全く無いとは言えませんが・・・、状況聞いた限りでは、その可能性は低いでしょう』

私: 『持ってきて頂けるのであれば、正常かどうかは、見れば直ぐ分かります。』


と言うことで、

今日、サービスセンターに持っていくことになりました。
とりあえず、行ってきまーす。



メーカーの人は、コンパクトデジタルカメラのこと『コンデジ』って、言うんだー、知らなかった。
最初、何のことか分からなかった。


気になって熱くなっているのですが、冷めるのも早いので・・・

チョト、心配・・・・。
 
 
 
【PR】

 
 
【 2015/06/17 (水) 09:17 】 日曜ひま職人 | TB(-) | CM(0)

多摩川で、トカゲ君にバッタリ!

多摩川の水辺で涼んでいたら、トカゲ君がヒョッコリ挨拶に来ました。

トカゲ君も厚いのでしょう。日陰の草むらからサッと出てきて大きな石を横切り
端まで行った所で、一瞬、立ち止まりました。


私にシャッターチャンスをくれたのか・・・?


後姿だけでしたが、かろうじてデジカメに納めることができました。
ほんの一瞬の出来事でした。

1542p1.jpg


子供の頃、田舎でよくトカゲを見ました。今と違って遊ぶものが少なかったので
捕まえて遊んでいました。 今は、触るのもちょっと遠慮します。


トカゲの名前、種類は良く分かりませんが、

資料を参考に色、柄から察するに『ニホンカナヘビ』では・・・・、
顔が撮れていればもう少し確かになるのでしょうが・・・・・残念。


少しその場でカメラを抱えて待っていましたが、現れませんでした。

ニホンカナヘビ (日本金蛇)

カナヘビ科カナヘビ属で爬虫類の一種。
日本の固有種だそうです。日本全国にいるそうです。

鼻先から尻尾の先までの全長は16 - 25cmくらい。私が見たのは15cmくらい。

通常は昼間活動し、主として昆虫やクモ、ワラジムシなどを食べているようです。



帰り際、また違うトカゲ君にあいました。 後姿でしたが、しばらくすると
首を少しまげ右目で私を方を見ているような・・・・。
私は動かずカメラのシャッターだけ押しました。

こいつは、体全体に光沢のあり、尻尾は鮮やかな青色でした。
たぶん『ニホントカゲ』でしょう。

1633p2.jpg


ニホントカゲ (日本蜥蜴)

爬虫綱 有鱗目 トカゲ亜目 トカゲ科 に分類されるらしい。

食性は、昆虫、クモ、甲殻類、ミミズ等を食べるが、果実も食べる。
全長15-27cmくらい。私が見たのは15cm弱といったところでしょう。
日本全国にいるそうです。



この『ニホントカゲ』少しお腹がふっくらしているような気がします。
昼食、食べたきたのかな・・・?


トカゲ君たちの天敵は、小型の哺乳類や鳥類、ヘビ類らしいです。

多摩川は、猫、カラス、コサギ、ムクドリ、鳩、、、と、天敵だらけのなか、頑張っていました。
トカゲの寿命は5年から10年らしいですが、はっきりとは分かっていないそうです。


最もトカゲには、『トカゲの尻尾切り』という奥の手がありますからね。
逃げ延びるのは得意なのかも・・・。



以上、本日は、トカゲ君でした



【PR】6月21日は父の日、ラストチャンス!
  
 
 
【 2015/06/14 (日) 17:08 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(2)

多摩川 鮎釣り解禁


6月1日に多摩川の鮎釣り解禁となりました。 その後、時々様子を見に行っているのですが
あまり人が居ません。

東京都の遡上調査では400万匹とか・・・。5万匹放流したとか・・・。
いろいろ鮎のニュースはあるのですが、多摩川の鮎釣りって、今一活気がない感じ。


1453p1.jpg  1495p2.jpg


鮎釣りと言えば、友釣りが有名ですが、多摩川のこのあたり、何でも有りのようです。
写真に写っているのは、たぶん『ころがし釣り』でしょう。また、投網もOKのようです。
その他にも、ルアー、フライなどやってる人たまに見かけます。


korogasi.jpg  1552p3.jpg



ころがし釣り、投網等は他の川では禁止になっているところもあるようですが、
多摩川のここはOKのようです。

ころがし釣りの仕掛けは多摩川近くの釣具屋さんで売ってます。私も以前やっていたのですが、
結構、川の中の木の枝や、ゴミとかに引っかかり、針がすぐにぼろぼろになりました。 
たまに、鯉だの鮒だのを引っ掛けるときもあります。

ころがし釣りの方法は、水の流れに対し90度くらいに仕掛けを投げます、そして川下に流れをさえぎるように
扇形に竿を振り仕掛けを転がします。結構疲れます。


ころがし釣りする時は、周りに人がいないか注意、そして予備も忘れずに。


ころがし釣りをやってた二人の会話、川の真ん中で釣っていたのですが
声が大きかったので全部聞こえてきました。

釣り人A: 『おーい、釣れてるー?』

釣り人B: 『いやー、駄目だ。大きいの居ねえー。』
        『チッチャイのばっかで、面白くねー』

釣り人A: 『いるには居るんだー・・・』

釣り人B: 『チッチャイのがなー・・・・』



以上、今年の多摩川の鮎釣り状況でした。  



【PR】 6月21日は父の日、準備はおすみですか?
  





【 2015/06/13 (土) 18:30 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)


 
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサー