0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2015年06月 】 



小者は相手にしない、多摩川のアオサギ


多摩川でチョクチョク、アオサギを見かけるが、単独でいることが多い。群れになっているのは
見たことがない。 休んでいるとき、歩いているとき、長い首を伸ばし、なにか遠くを見つめている感じ。 
飛ぶのも、歩くのもゆっくりしている。 体が大きいので、素早く動けないのだろう。

1187p2.jpg  1177p1.jpg
0123p1.jpg  1279p1.jpg


【アオサギ】 蒼鷺 

コウノトリ目サギ科 
日本中でどこでも見かけるらしい。
全長80-100cmくらい。翼を広げると150-170cm。体重1.2-2kgくらい。
サギ科の中では最も大きい体らしい。
食性は動物食で、魚類、両生類、鳥類の雛、小型哺乳類、甲殻類、昆虫などを食べる。

特徴は長く鋭いクチバシ、長いくび、長い脚。
飛ぶときには首をS字に縮める。
首を伸ばしている時は警戒している時、首をS字に縮めている時はリラックスしている時らしい。

クチバシは黄色がかっている、背が灰色で,翼の上部は青灰色,腹部は灰白色。
頭の後部には青黒色の長い飾り羽がある。




ドイツ、フランス、ロシア、インドネシアなど多くの海外では、『灰色のサギ』の意味の名前が付けられているようです。
アオサギは見た目、灰色ですので確かに納得です。違うのは、オランダ、中国です。
『青色のサギ』の意味の名前がが付けられているようです。

ちなみに、アオサギ(蒼鷺)の名は中国から来たようです。


コサギの群れにまじり小魚でも捕ろうとしているのか、コサギのようにチョロチョロとは動かない。
ノッシノッシとした少し鈍い感じ、小魚捕らえた写真が取れたのは、ラッキーでした。 たまたまですが・・・・。


近くにいたコサギが小魚捕って、アオサギ君に見せ付けた。
アオサギ君、見向きもしなかった。 捕る気がないのか・・・。

[広告] VPS



アオサギは、意外と攻撃的な鳥らしい。餌場では、他の鳥を威嚇して追い出したり、
他の鳥が捕った餌を奪うこともあるらしいが、このアオサギ君は、コサギたちが近くで
ウロチョロしていても気にしていない様子。


穏やかな性格らしい、貫録を感じる。


優雅に飛んでいる姿を、是非、撮影したいと思っているが、なかなかその姿を
カメラにとらえることができない。 撮影技術の未熟さも・・・ある。


今日も石の上で長時間じっとしている、カメラを構えてじっとひたすら飛び立つのを
待っている・・・・が動かない。



待ちくたびれた、・・・・・・・帰ります。
  


【PR】 6月21日は父の日、お父さんは待ってます。

 
スポンサーサイト



【 2015/06/06 (土) 20:03 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)


 
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサー