071234567891011121314151617181920212223242526272829303109



多摩川 宿河原の堰 白黒の戦い、決着は・・・


今日も昨日同様、曇りです。明け方雨が少し降っていましたが、その後は
降りそうで降りませんでした。


多摩川に出たら、見事なほどに白一色でした。 カワウは見当たりませんでした。
思い出しました、そういえば昨日の『多摩川 宿河原の堰 白黒の戦い』

決着がついたようです。白軍のコサギばかりで、黒軍のカワウは1羽もいませんでした。
昨日、黒軍のカワウがいた場所には、白軍のコサギの一集団がいました。

白軍のコサギは、圧倒的な数で押し切ったようです。 『白軍の勝利』
黒軍のカワウは、浅瀬の戦いだったので得意の潜水が役に立たなかったのかな・・・。

2745p1.jpg  2737p1.jpg


それに、白軍のコサギは灰色軍のアオサギを味方につけた様子です。今日のコサギの
周りにはアオサギが用心棒のようにポツポツといます。

それにしても、カワウが1羽もいないなんて・・・、見事な結末でした。

黒軍のカワウはどこに行ったのでしょうか・・・。 戻ってくるかな・・・。 明日が楽しみです。


暗くなるのが早くなった気がします、帰り道、『イチモンジセセリ』を見かけました。
シャッターを切ったら自動でフラッシュが光りましたが、全く動きませんでした。

2751p1.jpg

もう、寝てしまったのかな・・・。 上手く撮れたので載せておきました。



【PR】
    


スポンサーサイト
【 2015/08/31 (月) 19:42 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

白黒多摩川の戦い・・・


今日の多摩川は、昨日同様、雨まじりの曇りでした。多少、昨日より雨の降ってる
時間が多いかな・・・・。雨と言っても小雨ですが・・・。

多摩川に出て、いきなり『白と黒』が目に入りました。
最近よく見かける、コサギとカワウが集団で面白い配置をしていました。

『多摩川宿川原の堰 白と黒の戦い』と言った感じでしょうか・・・・

先ず白軍、
左画像が本体で、右画像は本部といったところでしょうか。
2717p1.jpg  2715p1.jpg


そして黒軍、
同様に、左が本体で、右が本部。

2708p1.jpg  2713p1.jpg

数では圧倒的に白軍のコサギが有利ですが、黒軍のカワウは潜水という得意戦術を
持っています。 どちらが強いのでしょうかね・・・・。

ここで両軍の布陣は以下の通りです。

map_tamagawa.jpg



両陣営の本部の幹部の様子を見ると、黒軍のカワウの方が余裕があるように見えます。
一方、白軍のコサギは、悩んでいるのか・・・、寝ているのか・・・みんな下を向いて悲観的の感じに見えます。

黒軍のカワウ軍団、有利といったところでしょう。


・・・・この光景を見て、こんな思いを描いたのは私だけでしょうか・・・・。


スミマセン、チョット風景で遊んでみました。 (暇だったので・・・)

たぶんコサギも、カワウも、ただ休んでいただけでしょう。

 

【PR】
    


【 2015/08/30 (日) 19:03 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

ニラにジャノメ・・・


今日の多摩川は雨混じりの曇りでした、雨が一時止んだので少し歩いて見ました。

草むらからスーと細い茎が30-40cm伸びて、先に薄い膜のようなもでくるんだツボミの
ようなものが付いています。 その周りを見ると数本同じようなのがありました。

  2706p1.jpg

中に、1-2本、薄い膜が破れて中から、もっと小さなツボミと花が20個くらい出ていました。
『ノビル』かなと思いましたが、少し違うようでした。 『ニラ』のようです。


ジャノメ蝶がふらふら飛んで、時折、ニラの花に止まっていました。
蝶は『ヒメウラナミジャノメ』と言うようです。

2703p1.jpg  2698p1.jpg

ニラ (韮、韭)

ネギ属に属する多年草。緑黄色野菜。
夏頃に葉の間から30 - 40cmほどの花茎を伸ばし、8 - 10月頃花が咲くようです。
花弁は3枚ですが、苞が3枚あり、花弁が6枚あるように見えるようです。
雄蕊(おしべ)は6本のようです。

栄養価が高く、スタミナが付く食材としては有名ですが、薬としても
利用されているようです。
原種は、中国北部からモンゴル・シベリアで3,000年前以上前に栽培化されたようです。



ヒメウラナミジャノメ  (姫裏波蛇目)

チョウ目タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科
大きさは 前翅長さ:18-24mmで4月から9月に日本全国で見られるようです。

前翅表裏左右に目玉のような模様が各1つずつあるようです。
後翅裏面の目玉模様は、左右各5つ以上で、表は各2つずつのようです。
良く似た蝶がほかにも居るのですが、翅の目玉模様の数で区別できるようです。



2696p1.jpg  2697p1.jpg



蝶も栄養付けないとね・・・。

アー、餃子で一杯やりたい気分です。




【PR】
    


【 2015/08/29 (土) 18:28 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

シロテン・・・、シラホン・・・どちらでもいいか


今日朝起きて、窓を開けたら網戸に変な虫がくっ付いていました。
珍しい模様をしていたので、撮って置きました。 カナブンの一種だろうと思っていました。


『シロテンハナムグリ』と言うらしいですが、良く似た模様の同種類で『シラホンハナムグリ』と
言うのも居るようです。WEBサイトで調べたのですが、区別付きません。

2679p1.jpg  2680p1.jpg


網戸が一箇所破れていて、そこから逃げていきました。


シロテンハナムグリ (白点花潜)

コガネムシ科の甲虫で、日本、台湾などアジアの一部に生息しているようです。
大きさはカナブント同じくらい。16-25mm。
5-9月に、本州・四国・九州で見られるようです。



シラホシハナムグリとの区別

 1.白い点の配置が違う
 2.シロテンハナムグリの方が脚が長い
 3.頭の先が波打っているのがシロテンハナムグリ
 4.シラホシハナムグリには背中の翅に黄色ラインがある

イヤー・・、これだけで区別するのは難しい。

シロテン・・・、シラホン・・・どちらでもいいのですが・・・、
脚が長い感じがします。したがって『シロテンハナムグリ』だと思います。


今日は仕事で新宿へ行きました。前から気になっていたビルを撮りました。
東京新宿西口の高層ビル群のなかにひときわ目立つビルです。

モード学園コクーンタワー』と言うそうです。学校のようです。
新宿駅西口を出るといきなりこのビルが見えます。変わったデザインしてます。

2681p1.jpg  2682p1.jpg


見るたびにいつも思うのですが、このビル、大地震がきたら横倒しになるんじゃないかと・・・。
まぁ、建築のど素人が心配する事じゃないかもしれませんが・・・。

目に付きますし、宣伝には、なるかもしれませんね。 
地震の時、中にいたら怖いでしょうね。 そう思うのは私だけでしょうか・・・。

東京新宿、話題のビルディングの1つでした。 



【PR】
    


【 2015/08/28 (金) 22:41 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

ネコ、ネコ、ネコー・・・


今日の多摩川午前中は晴れていたのですが、午後は雲だらけで散歩には快適でした。

最近この場面良くみます、コサギ達が一カ所に集まって遊んでいます。
この場所、何かあるのかな・・・?

2660p2.jpg  2664p1.jpg

一方こちらは、多摩川真ん中の浅瀬でコサギとアオサギのツーショット。

2665p1.jpg

赤系の色が欲しかったので、足もとのアカツメクサ、撮っておきました。
接写で撮ったので心配で20枚くらい撮りましたが、ピントが合っていたのは
これ1枚だけでした。 「もう少し形の奇麗なアカツメクサ、あったのに・・・」

2670p1.jpg


今日も野良猫ちゃん達に会いました。最初の奴は初めて見るなー。


2669p1.jpg 2674p1.jpg 2678p1.jpg

『みんな元気そうで何より・・・』 『それじゃ、またな。』

『ネコ、ネコ、ネコー・・・】、でした。



【PR】
    



【 2015/08/27 (木) 20:18 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

小田急線多摩川鉄橋下の高層ビル・・・


今日の多摩川、朝から雨、昼過ぎには止みましたが、どんよりとした
気がめいるような曇り空でした。

今週の月曜日(8月24日)に撮影した『露草』紹介します。

多摩川土手で寂しそうに一輪だけ『ツユクサ』が咲いたので撮ってみました。
小さい花ですが、良く見ると変わった形をした花ですよね。

2618p1.jpg  2616p1.jpg


ツユクサ  (露草)

ツユクサ科ツユクサ属
高さは15cm~50cm。 6 月ー9月頃に15mm - 20mmの青い花が咲くようです。
花弁は3枚あり、上部の2枚は特徴的で青く大きいが、下部の1枚は白くて小さいようです。
日本全国で見られるようです。

雄しべは6本あり そのうち2本が長く花粉を出し、残りの4本は黄色くて目立つが
花粉は出さない仮の雄しべのようです。



朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたそうです。


また、はじめて見る野良猫ちゃんに会いました。

『あまり綺麗じゃないなー・・・』   『そういう毛の色かな・・・・?』

並んでしばらく多摩川の景色を眺めていました。

2621p1.jpg  2622p1.jpg

小田急線の多摩川鉄橋の下に見える高層ビル、です。

良くないですか・・・?   たぶんもっと良い撮り方があるんでしょうな・・・・

野良猫ちゃんもあまり興味ないようでした。  



【PR】
     



【 2015/08/26 (水) 17:36 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

これも秋でしょう・・・・


今日の多摩川付近は、朝からどんよりとした曇り空、今にも雨が降りそうな
天気でしたが、夕方まで雨は降りませんでしたが寒い一日でした。

2日前の日曜日(8月23日)に撮影した『ヒメアカタテハ』を紹介します。

アカツメグサの周りをひらひら飛んでいた『ヒメアカタテハ』蝶を30分じっと
待ってやっと撮りました。 ちょっと遠かったのですが強引に撮ってみました。

2557p1.jpg  2560p1.jpg
2570p1.jpg  2569p1.jpg


ヒメアカタテハ  (姫赤立羽)

チョウ目タテハチョウ科
南極大陸を除く世界中で見られるようです。
大きさは、前翅の長さ:25cm-35cmくらいで
4月から11月頃まで見られるようです。


『アカタテハ』とよく似ているが、違いは、『アカタテハ』が黒褐色が強いのに対し、
『ヒメアカタテハ』は橙色が強いようです。




蝶の撮影には忍耐が必要ですね。何かに止まるまで結構厳しいものがありますね。
止まってくれて撮影できればラッキー、ほとんどがそのまま遠くへ行ってしまいます。

まぁ、撮れた時は感激ものですが・・・。


帰り道、アブラゼミを見つけたので、撮ってみました。 アブラゼミは何度か撮影したのですが
今回の画像が一番良く撮れたと思うので紹介しまーす。

2600p1.jpg  2602p1.jpg

喧嘩でもしたのか・・・、右の翅が少し短いようです。
アブラゼミの鳴き声も、一時期に比べたら少し静かになったような気もします。

今日のこの寒さもそうですが、アブラゼミの鳴き声が静かになったのも
秋の訪れを感じるひとつでしょう。



【PR】
    




【 2015/08/25 (火) 19:32 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

ヒトデのようなガガイモ・・・


今日の多摩川、非常にすごしやすい天気でした。

雲が多く、時折雲の切れ間から太陽が顔お出し、程よい日差し、
そして多少強めの風もあり、まさに秋を感じる多摩川でした。

2626p1.jpg

『ヘクサカズラ』に似た小さな花見つけました。 『ガガイモ』と言うそうです。
小さな花を良く見ると毛だらけです。 ヒトデのようなちょっと変わった花です。

2628p1.jpg  2594p1.jpg
2566p1.jpg  2655p1.jpg

ガガイモ  (蘿藦、鏡芋、芄蘭)

ガガイモ科ガガイモ属のつる性植物
花は直径1cmくらいで淡紫色、8月-9月頃に咲くようです。
花冠は5つに裂け、裂片の先はそり返るようです。内側に長い毛が密生するようです。

茎を切ると白い乳液が出るそうです。



名前は『ガガイモ』ですが、イモはできないそうです。

同じ種類でよく似ている『シロバナガガイモ』との区別は、花の色のようです。
『シロバナガガイモ』は名前の通り、花が真白のようです。

多摩川では、鮎釣りしてました。しかも、『友釣り』でした。
多摩川では『ころがし釣り』がほとんどの中、初めて多摩川で『友釣り』見ました。

2639p1.jpg


なかなかの腕前のようで、見ている間に2匹釣りあげました。

やっぱり、鮎釣りは『友釣り』ですよね。



【PR】
    



【 2015/08/24 (月) 20:15 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

人間のように野良猫ちゃんとすれ違った


今日の多摩川、曇りだったので散歩に出てみました。散歩を始めると
太陽が雲の切れ目から出てきて以前の猛暑日のような感じでした。

汗びっしょりの中、見つけたのは『メマツヨイグサ』です。

2611p1.jpg  2546p1.jpg
2548p1.jpg  2549p1.jpg


メマツヨイグサ (雌待宵草)

アカバナ科マツヨイグサ属
花は黄色で直径2~5cmくらい。6月―9月に花が咲くようです。
夕方から咲き始め朝にはしぼむそうです。夜型の花ですね。

葉っぱの先端はとがり、浅い鋸歯があるそうです。
北アメリカ原産で、日本では明治時代に確認されたようです。
草丈は50cm-150cmになるようです。



『メマツヨイグサ』は同じ種類の『オオマツヨイグサ』より繁殖力が強くオオマツヨイグサが生育していた
場所へ進出し、置き換わっているようです。今普通に目にするマツヨイグサ属の植物はほとんどが
『メマツヨイグサ』だそうです。

まぁ、よく似ているそうですから『マツヨイグサ』よろしいかと・・・・。


帰り道、猫ちゃんとすれ違いました。非常に人間慣れした野良ネコちゃんでした。
多摩川沿いの道を反対側から歩いて来ました、あたかも知らない人とすれ違ったかのごとく
一瞬、ちらっと私の顔を見て普通に私の足元を歩いていきました。

すれ違った後、振り向くと向こうも立ち止まってこちらを見てました。

2577p1.jpg  2583p1.jpg

多摩川には他にも何匹か猫ちゃんいますが、人間を見ると一応、草やぶとかに
逃げ込んだり、人間を警戒したりするのですが・・・

この猫ちゃん、普通に人のように道ですれ違いました。こちらがちょっと驚きました。
以前、人間に飼われていたんでしょうな・・・。



【PR】
    



【 2015/08/23 (日) 19:53 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)

秋を感じる多摩川


今日の多摩川は、また暑さが戻ってきたような蒸し暑さでした。湿度がかなり高い感じでした。
夕方少し歩いてみました。 川にはコサギがいつもより沢山来ていました。

水の、草木の、そしてコサギの、そして夕陽でほんのり赤みおびいい感じの風景でした。

画像で感じられますかね・・・・。

2527p1.jpg 2529p1.jpg


顔なじみの猫ちゃんが迎えてくれました。 『そんなに怖い顔するなよー、元気そうでなにより』
返事はありませんでした、無視されました。 帰り道にも会いました、草むらで寝るそうです。

2536p1.jpg  2543p1.jpg


川の中ほどでは、アオサギが夕陽の赤みをおびて奇麗でした。
多摩川上空の今日の夕方風景です。雲ひとつない空でした。

2541p1.jpg  2542p1.jpg


この時期、日中は夏ですが、夕方になると涼しさも出てきて秋を感じる多摩川でした。



【PR】
    
【 2015/08/22 (土) 20:51 】 生き物との出会い | TB(-) | CM(0)


 
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサー